週刊 健康サポート

季節の健康トピック

とびひの治療は早めに

夏になると「とびひ」の小児患者さんが急増します。とびひは虫刺されやあせも、アトピー性皮膚炎の湿疹をかきこわしたところにでき、容易に全身に広がります。

感染力が強く、水ほうがつぶれると火事の飛び火のように全身に広がることから、こう呼ばれるのですが、正式には伝染性膿痂疹(のうかしん)という病気です。

引っかいた後の傷口に細菌が入り込んで化膿し、できた水ほうが破れることで周囲にはれや水ほうが広がっていきます。幼児では鼻や口の周囲にできることもあります。

とびひができたら、水ほうをつぶさないこと。よく手洗いして、爪も短く切っておきます。また他の子どもに移らないようプールなどを避けることも大切です。

初期のとびひなら抗生物質の軟膏で治りますので、早めに見つけて受診しましょう。とびひは何度でもかかりますので、夏場は特に皮膚の清潔を心がけてください。


ページの先頭に戻る

健診のご案内

理念と基本方針

  • 質の高い健診と、正確な情報提供に努めます
  • 良質かつ安全な医療サービスの提供に努めます
  • 職員一同、最新の知識習得と技術向上に努めます
  • 個人情報保護に関する法令の遵守に努めます

理念と基本方針

  • 質の高い健診と、正確な情報提供に努めます
  • 良質かつ安全な医療サービスの提供に努めます
  • 職員一同、最新の知識習得と技術向上に努めます
  • 個人情報保護に関する法令の遵守に努めます


トップに
戻る